フォト
無料ブログはココログ

男気!団塊世代

  • 団塊の世代

2017年5月15日 (月)

LINEにはまる

スマホに変えて、息子の嫁が家族でLINEをしましょうと言って来た。

今までは、LINEには手を染める気は毛頭なかったが、ちょうど、女の子の孫が生まれたばかりで、写真等を送って来たら、妻が喜ぶだろうと思い、試行運用してみることにした。

外部との接点は極力シャットアウトし、考え得る限りのクローズド環境にした。

最初、警戒心満々で始めたものの、実際に使ってみると、息子夫婦と我々と4人構成のグループトークは中々楽しい。

LINEは基本的にはチャットなので、非常に手軽である。

簡単にメッセージが送れ、写真や動画が送れる。

気楽にメッセージを入れ、孫の写真や動画が入ってくると、世の老人は大喜びである。

またLINEスタンプが、何故流行るのか理解できなかったが、実際に使ってみると、メッセージ性のあるLINEスタンプは、使ってみると、結構、楽しい。

軽い乗りで、そこには無礼講の世界がある。

少々、きつい表現が入っていても、スタンプを送ることで緩和される。

家族の中の誰からともなく、チャットが始まる。

二人だけの我々夫婦に、日々多くの笑いが絶えない。

スマホで決済する事もないし、残りの人生そんなに長いわけではない。

この際、余計な心配はせず、LINEの楽しみを享受することにしよう。

LINEは、独居老人には、持って来いのツールじゃないだろうか。

ある共通のテーマを持ったグループを作り、メンバを募り、グループトークをすれば、独り住まいの老人も楽しく過ごせるのではないだろうか。

もちろん、グループ内での炎上を防ぐための厳格なルールや管理人は必須だ。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ      ポチッとよろしく!

2017年5月13日 (土)

ガラケーからスマホにチェンジ

データ通信用にタブレット端末、音声用にガラケーを使い分けていたが、外出時2つ持って出るのが面倒になった。

そこで、スマホ1台に統一してみることにした。

今の世の中、どうせ回線はキャリア系の回線を使っているのでキャリア系のスマホを使わなくても、格安スマホで十分と判断。

私の使い方は、電話が無制限に使えることで、データ通信は、2G程度あれば十分。

この条件で、色々とリサーチし、辿り着いたのが、Y!mobileである。

確かに、料金は安い。
基本料金は、パケット容量が1G、電話かけ放題で、基本料金:\3,980。

ただし、よくあるパターンの最初の1年は、パケット容量が倍の2G(こちらは2年間有効)、電話かけ放題で、\2,980。

2年で契約変更できるので、最初の試行段階のスマホとしては十分である。

2年後に、また考えれば良い。

というわけで、Y!mobileに変更。

機種もこだわりがないので、機種料金が無料の端末の中で、RAM容量が大きい事、画面が大きい事を条件を満足しているFREETELのREIにした。

Y!mobileはご存じの通り、softbankである。

softbankが嫌いな私ではあるが、節操のない私は料金の条件には勝てない。

通常の格安スマホが電話かけ放題と言っているのは、5分以内の通話なら何回電話しても追加料金は取らないというもの。

Y!mobileの場合、電話かけ放題には2種類ある。

一つは、通常の格安スマホと同じパターンであるが、5分以内という条件が、10分以内という2倍の条件が適用される。

もう一つは、本当のかけ放題で、\1,000追加で幾らでも電話できる。

とりあえず、私が調べた範囲では最も好条件でスマホを手にしたと思っている。

タブレット端末は解約したものの、端末が壊れるまではwifi環境で使うつもりである。

スマホのアプリはかなり強力のようなので、色々と試してみたい。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ      ポチッとよろしく!

2017年2月24日 (金)

論語から振り返る自分の人生の痕跡

今年、古希を迎えるに至り、若い時に思いもつかなかったことを考えるようになった。

孔子の「論語」を改めて見る。

子の曰く、吾れ
十有五にして学に志す。
三十にして立つ。
四十にして惑わず。
五十にして天命を知る。
六十にして耳順がう。
七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず。

自分が歩んだ人生と比較してみる。

15歳で学問に志し

中高6年一貫教育の学校に行ったので、高校受験もなく遊びほうけていた。

30歳になって独立した立場を持ち

29歳の時、いきなりプロジェクトのリーダーを任されたので、これは少しは当たっていそうだ。

40歳になってあれこれと迷わず

中間管理職として上と下の板挟み
子供も中学受験で、公私ともに迷いっぱなし。

五十になって天命(人間の力を超えた運命)をわきまえ

天命を知るどころか、人生まだまだこれからと独立して会社設立。

六十になって人の言葉がすなおに聞かれ

独立後、人の言葉を聞くどころか、我が道をひたすら歩む。

七十になると思うままにふるまって、それで道をはずれないようになった

思うままに、まだ働き続けているせいか、人の道は外れないで済んだかな?

論語に照らして、自分の人生を振り返ると、忙しい人生であった。

この歳になって、体力の衰えは著しく、やっと、のんびりしようという心境になった。

この3月末の契約切れが絶好のチャンスである。

時間の余裕ができ、10年単位で自分の痕跡を辿ってみると、面白そうである。

然し、私の場合、思い出すことは、悲しいかな、仕事関連のキーワードをベースとした記憶がほとんどである

多くの団塊世代は、ほとんどそうなのであろう。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ      ポチッとよろしく!

2017年2月23日 (木)

回転寿司で求めらるホスピタリティの質

美味しいと評判の回転寿司での経験である。

この店は、寿司を握る板さんの周りを囲むように、カウンター席があり、そこで板さんと会話をしながら、寿司を食べることができる。

回転寿司と言っても、この空間では普通の寿司屋と同じ感覚で、今日のお勧めは何?とか、白身なら何がいい?と会話しながら注文し、握ってくれる。

気持ちの良い板さんがいて、話も色々と弾むし、ネタも新鮮で美味しく、これでは普通の寿司屋より、はるかにコスパが良いとお気に入りの店であった。

然し、いつもの板さんがいない日があった。

恐らく非番の日だったのだろう。

いつも通り、まず2,3種の寿司と汁もの(あさりの味噌汁)を注文した。

ここで予想外のハプニングが起きた。

味噌汁を持って来た店員が机の上で、お椀をひっくり返してしまい、机の上だけでなく、私の服にも味噌汁がかかった。

誰にでもある過ちなので、お椀をひっくり返したことは仕方ないことであるが、その後の対応がまずかった。

「すみません」と謝り、机の上を拭くおしぼりを持って来たが、よくある不織布の簡易のおしぼり一枚だけである。

机の上に相当こぼれていたし、私の服にもかかっているので、きれいに拭けるわけがない。

その上、「服の方は大丈夫ですか?」と聞くこともない。

たまりかねた私は、「服にも味噌汁がかかっているんですけど」と言うと、カウンターの中にいた板さんが、テーブルを拭く?タオルを投げてよこした。

汁椀をひっくり返した店員が代わりの椀を持って来たが、その時も「すみません。大丈夫ですか。」と言った発言はなかった。

謝っておしぼりを持ってきたことで、全て解決したと思ったのであろうか。

不愉快になって、それ以上の注文は止めて、店を出たが、お金を払っている時、その店員が側に立っているにもかかわらず、「すみませんでした。」の一言もない。

余りにも対応の酷さに、起こる気もせず、そのまま店を立ち去った。

誤解されてはいけないので、敢えて言っておくが、私は感情的な発言は一切していない。

回転寿司では、高いホスピタリティを求めるものではないことは承知している。

丁重な扱いを受ける必要もないし、お茶も自分で入れる。

然しである。

幾ら悪意がないとしても、客に失礼な行為をした場合、人間として取るべき態度があるはずである。

この回転寿司屋は、マナーの基本中の基本を従業員に教えていない。

味気ないサービスであっても、マナーを守り、誠意をもって対応することは、最低限、求められるホスピタリティであろう。

リーゾナブルな価格で美味しい寿司であっても、不愉快な思いをして食べる寿司は不味いだけである。

この回転寿司屋は、不愉快な思いをして以来、一度も行っていない。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ      ポチッとよろしく!

2017年2月10日 (金)

エアコンの寿命が先か、自分の寿命が先か?

先日、私の部屋のエアコンが壊れた。

この寒い時期に、エアコンなしで、パソコンに向かうのは辛いので、即購入、取り付けた。

新しいエアコンは快適で、技術の進歩を感じさせる。

業者がエアコンを取り付けに来た時、壊れたエアコンの製造年を見ると、2001年。
何と丸15年は動いていた。

ここで、ふと考えた。

新しいエアコンが15年持つとしたら、それまで私は生きているのであろうかと。

この歳になると、何が起きてもおかしくない。

私は犬が好きで、幼稚園時代からずっと飼っていたが、かなりの年齢になって飼うことを止めた。

犬の寿命が先か、自分の寿命が先かわからないからである。

ペットなどの生き物については、一般でもよく聞く話である。

然し、この度、初めて機械相手に、同じようなことを考えた。

そのように考え始めると、大好きな陶磁器も、後何年楽しめるのかと思うと買う気がしなくなる。

新しい服も、何回着るかわからないと思うと、買う気がしなくなる。

このようにして、購買意欲がどんどん薄れていくのであろうか。

高齢者は、もっとお金を使えと、世間一般では言われているが、現実と乖離していないだろうか。

現在の世の風潮は高齢者にとって、暗い話題ばかりで、アゲインストの風が吹いている。

高齢者に対する全体の雰囲気が暗いのである。

たかが、雰囲気、それに負けてはいけない。

でも、エアコンの寿命に勝てないかも知れない。

何とも嫌な年齢になったものである。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ      ポチッとよろしく!

2017年1月19日 (木)

ネクソンなりすましメールのアドレスを特定する

前々回、述べたネクソンを語るフィッシングメールは、From(メール送信者)はちゃんとしたネクソンのメールアドレスであった。

然し、Fromは簡単に書き換えることができるので、なりすましメールを送信するのは難しくない。

Fromが書き換えられているか否かは、メールのヘッダー情報を調べればわかる。

今回、ネクソンの本当の発信者を特定しようと、ヘッダー情報を調べた。

本当の送信メールアドレスは、「Return-Path」に記述されているメールアドレスだと思って良い。

通常は、Fromと「Return-Path」のメールアドレスは一致するが、異なっている場合が要注意である。

というわけで、ネクソンなりすましメールの「Return-Path」を見ると案の定、ネクソンのメールアドレスではなく、 <****@**.com>という(誤ってメールされるとまずいので、アルファベットを*に変えている)怪しげなメールアドレスであった。

なりすましメールも徐々に手の込んだ悪質なものになって来ているようだ。

普段、見慣れないメールが来たら、まずは疑うという性悪説に基づいた対応をせざるを得ないであろう。

余談であるが、メルマガは通常、発信アドレスと「Return-Path」が異なるケースが多いが、少なくとも、ドメインは同じで、名前もそれらしい名前になっている。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ      ポチッとよろしく!

2017年1月17日 (火)

久しぶりの寒波襲来

一昨日は久しぶりの寒波襲来であった。

我が家の庭も久しぶりに雪景色となった。

Niwayukikeshiki1

今冬は暖かい日が続いていたので、寒波が急に来ると余計寒いと感じる。

朝、新聞を取りに外に出ただけで、後は一歩も外に出ず、家の中でゴロゴロしていた。

最近、ほとんど楽しむことがなくなっている雪見障子越しにみる雪景色はなかなか風情だ。

久しぶりに、心からゆっくりくつろいでいる気分である。

日頃は草が生えたり、落ち葉が落ちたりと、こんな手間のかかる庭は、もう要らないと思うが、このような景色に会うと、「やはり庭はいいな」と思う。

人間とは勝手な動物である。

これから先、何年生きるのだろうかと考え始める歳になると、庭付きの一戸建てが良いか、便利な中心部のマンションが良いか、迷う。

最近、マンションもいいなと考えていたが、このような雪景色に会うと、もう少し現状でいようと思う。

人間はこうしてずるずると、老いて行くのだろうか。

今のうちにに好きなことをしておかないと、体も動かなくなるし、気持ちも高揚しなくなりそうである。

4月以降、仕事を続けるか、辞めるか、また悩んでしまう。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ      ポチッとよろしく!

2017年1月13日 (金)

【要注意】ネクソンをかたるフィッシングメール

「NEXON」というところから、「【警告】異常な回数のログイン試行がありました」というメールが来た。

「NEXON」なんて会社は知らないし、当然アカウントも取っていない。

メール本文内容は怪しい雰囲気はなく、From(差出人)のドメインも「co.jp」で、一見まともそうである。

然し身に覚えがないので、「株式会社NEXON」が何者か検索すると、普通のゲーム会社である。

HPに、「【重要】ネクソンを装ったフィッシングメールにご注意ください」というお知らせが載っている 。

概要は以下の通り。

******************************
調査の結果、フィッシングメールに記載されているURLから、弊社ログインページに酷似したサイトへ推移し、NEXON ID/パスワード/ワンタイムパスワードの入力を促されることが解りました。
また、入力後はエラーを表示させて、弊社の正規ログインページに遷移させる挙動も確認しております。
12/23(金) 17:00以降、第三者からの不正ログインされた可能性が高まった場合に弊社から送信される、ログインアラートメールを装ったフィッシングメールの存在も確認いたしました。
******************************

フィッシング対策協議会が、このフィッシングメールが出回っていることを発表したのが11/21。

ネクソンが、HPに最初のフィッシングメールのお知らせを掲載したのが、12/22であるが、その後も、追記があり、最後の追記が、今年の1/11で、まだ同様のフィッシングメールが送信されていると記述されている。

私が受信したのは、1/12なので、その後も継続しているようだ。

このフィッシングメール、かなり、たちが悪い気がするので、要注意である。

それにしても、このフィッシングメールは、ココログ登録時に使用したメールアドレスで、その他、昔、gooと日本ブログ村に使っただけのメールアドレスである。

独自ドメインのメールアドレスなので、無作為に出したメールがヒットしたとは考えにくい。
とすると、どこかで漏洩したのか。

ブログ登録時などに使うために作ったメールアドレスなので、変更しても害はないが、何とも気味が悪い出来事である。

参考までに、怪しいメール本文を原文のまま掲げておくが、内容は普通の通知メールのように見えるし、記述されているURLも一見、まともに見える。

******************************
※このメールは送信専用です。このメールに返信をいただきましても対応や回答返信は行っておりません
※ご不明な点は、NEXONウェブサイトの『よくある質問』をご確認ください。
日頃はNEXONをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
 
ご利用のアカウントに対して、一定時間内に基準値を超えた
異常な回数のログイン試行を確認したため、ご連絡します。
万が一、お客様ご自身のログイン試行ではない場合、お客様のNEXON IDや
パスワードの情報が漏えいし、第三者から不正なアカウント利用を
狙われている可能性があります。
至急、NEXONポータルサイトにアクセスの上、パスワード変更や
ワンタイムパスワードの利用設定などのセキュリティ対策を行ってください。
【マイページ ログイン履歴】
ログインの詳細な履歴は、以下のページからログインすることでご確認いただけます。
https://www.nexon.co.jp/mypage/login-record/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■不正アクセス対策
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※本メールは第三者(なりすまし)による不正ログイン試行の可能性に対して
 セキュリティ上の確認を行うために送信されています。
※本メールは不正ログインの可能性が高いと思われるケースに対して、
 お客様の任意設定によるログインチェックアラートメールサービスのご利用有無に関わらず送信しています。
※このメールは送信専用です。このメールに返信をいただきましても対応や回答返信は行っておりません。
※本メールについてご不明な点は、NEXONウェブサイトの『よくある質問』をご確認ください。
 http://faq.nexon.co.jp/faq/show/5607
株式会社ネクソン http://www.nexon.co.jp/
NEXONは、オンラインゲームの他、コミュニケーションを楽しくする各種サービスを提供しています。
******************************

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ      ポチッとよろしく!

2017年1月 9日 (月)

やっかいなメール誤送信

メールは誰もが使う一般的なコミュニケーション手段となった。

従来の手紙や電話というコミュニケーション手段との大きな変化により、便利になった反面、数々の厄介な問題が生じて来ている。

メール受信時の迷惑メールは、多くの被害が報告され、社会的にも大きな問題となっている。

一方、メール送信時に生じるメール誤送信は余り取り上げられない。

然し、実際には大きな問題を抱えている。

誤送信は迷惑メールと異なり、悪意はないものの、ちょっとメールアドレスを間違えて送信した結果、致命的な問題に発展する可能性がある。

例えば、会社の機密情報を上司に送信するつもりが、間違えて顧客のアドレスに送信してしまったら、どうなるか。

考えただけでも恐ろしい。

人間である限り、過ちを犯す確率は無いとは言えない。

誰もが一度や二度は、手が滑って誤送信をした経験があるだろう。

この種の類のミスは、むしろ犯しやすいミスと言えるであろう。

かく言う私も、幾度かミスを犯しているし、逆に受け取るべきでないメールを受信したこともある。

メールはいったん送信すると、自分の手を離れ制御不能状態になり、取り消す手段がない。

法的な観点で言うと、迷惑メールに関しては規定された特定電子メール法があるが、メール誤送信に関しては、直接的な法律は存在しない。

メール誤送信について争われた裁判事例もほとんどないようだ。

然し、誤送信の結果、情報漏えいにつながるようなケースは十分に起こり得る。

今までは余り騒がれていないが、これからはメール誤送信については、十分な注意が必要である。

私は、誤送信防止策として、以下の2点を実行している。

重要な内容をメール送信する場合、簡単な文章であっても、内容はメール本文に書かず、WORDファイル等にして、パスワードを設定して送信するようにしている。

また、夜中に打つメールはミスが多いので、急ぐ必要の無い重要なメールは作成後、いったん下書きフォルダーにいれておき、翌朝、再確認して送信する。

この2点を実行するようになって、誤送信をしなくなった。

メール誤送信防止については、メールサービス提供各社が色々と策を講じているようであるが、犯す過ちの性格上、これといった決め手となる防止策はない。

今後、問題視される時が必ず来ると予想されるので、今から、各自、過ちを犯さない習慣付けをしておくことが肝要である。

余談であるが、独立して会社設立後、12年経ったが、6~7年前、あるソフトウェア開発企業と共同で、ある大手企業にメール誤送信防止システムの提案をしたことがある。

提案内容の評価は良く、裏情報として受注確率は高いということであったが、最終的には失注した。

後で聞いた話であるが、結局その大手企業は、誤送信防止システムを自分のソフトウゥア開発子会社に開発させたそうである。

真偽のほどはわからないが、穿った考え方をすると、提案してアイディアだけを取られたことも考えられる。

その大手企業は、業績はすこぶる良いが、客観的にみると品の無いビジネスを展開している。

相手を見て、ビジネスをしなければならないことを痛切に感じた一件であった。

かなり高額な案件だっただけに、失注した当時は経営に随分と打撃を受けたが、つきあう企業は慎重に選ばなければならないことを学んだ貴重な経験であった。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ      ポチッとよろしく!

2017年1月 2日 (月)

今年の干支は「丁酉(ひのととり)」

今年は酉年。

証券会社からのメルマガで、今年は「丁酉(ひのととり)」にあたるということを知った。

もちろん、「丁酉」という表現も初めて目にする。

それによると

丁(ひのと)は、従来の主流がなお持続する中、下から新しい力が伸びてくる、また、幹を表すとされ、木が成長し繁茂する姿ともいわれるようです。
酉(とり)は、元来酒を醸造する器の象形文字で醗酵を表し、その意は、成る・熟する、中にある新しい力が溢れ出てくるとされています。

とある。

興味を持ったので、ネットで検索した。

色々なことが記述されている中で、下記の内容がもっとも目に留まった。

丁・・・火の弟(と)とも書き、人工的な火を表す。
酉・・・醸という文字が元となっており、加工された金属を表す。

火は金属を溶かしてしまことから、あまり良い組み合わせではないと言えるのか?

このような状態を「相剋」というようだ。

「相剋」を調べると、goo国語辞書では、「対立・矛盾する二つのものが互いに相手に勝とうと争うこと」とある。

また、丁には亭・停留・壮丁という意味があり、植物が成長し一定の大きさに達して(安定して)きた状態。

酉は熟成・発酵という意味があり、果実が成熟の極限に達した状態。

どうも成長し尽くして、完熟状態の年と言えそうであるが、具体的にはどのような年になるのであろうか。

証券会社のメルマガの内容のような年になって欲しいが、今の世の情勢を鑑みると、不安も募る年である。

悪いことは考えず、今年はポジティブ思考全開で行こうと思う。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ      ポチッとよろしく!

«コストコで買った果物や野菜は、ほとんど返品できる

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ